第15回ヨンナム国際現代音楽祭
11月14日、15日の2日間にわたって韓国・テグで開催された「第15回嶺南国際現代音楽 祭」(主催:ヨンナム作曲家協会)で
二宮毅、衛藤恵子各会員の作品が演奏されました。

◇衛藤恵子《きままな音達》
演奏:キム・ミンジ(Cl.)

◇二宮 毅《闌曲 第二番》
演奏:ヨ・ガンリム(Cl.)

 東アジア国際現代音楽祭2013
10/30(水)・31(木)、韓国・テグで開催された「東アジア国際現代音楽祭2013」(主催:東アジア作曲家協会)で
中村透、齊藤武、千原卓也、二宮毅各会員の作品が上演されました。

◇10/30(水)[室内管弦楽]
千原卓也《雲の南 はるか-室内管弦楽のための》

◇10/31(木)[室内楽]
中村 透《故者への譜~沖縄古謡による~》

◇10/31(木)[歌曲]
齊藤 武《はるかな未来のために》
二宮 毅《釜谷温泉》

 東アジア現代音楽祭2012(主催:東アジア作曲家協会韓国支部)会員出品作品決定
11月1、2日に開催されます韓国での「東アジア現代音楽祭2012」に次の会員の出品が決定いたしました。

■「韓中日・創作管弦楽の夕べ」二宮 毅 会員
11月1日(木)19:30~
韓国4作品/日本1作品/中国1作品

■「韓中日・創作室内楽の夕べ」松岡 俊克 会員
11月2日(金)19:30~
韓国5作品/日本1作品/中国1作品

ご盛会とご成功をお祈り申し上げます。
九州・沖縄作曲家協会

 東アジア現代音楽祭2012(韓国支部独自開催のもの)のご案内とお知らせ
東アジア作曲協会韓国支部より「東アジア現代音楽祭2012」の案内と作品募集のお知らせが届きました。
出品希望の会員は、以下の募集要項をお読みになり、
1)現段階で出品を希望される方は、以下の二宮国際担当理事まで意思表示をしてください。7月31日(火)〆切
2)希望者複数の場合は、作品を国内9月7日(金)〆切で二宮国際担当理事まで、PDFで送付してください。
その後理事・会長・副会長等で調整のうえ、日本出品作品を決めます。

以上よろしくお願いいたします。
九州・沖縄作曲家協会 会長 中村 透
同国際担当理事 二宮 毅

 ◇東アジア現代音楽祭2012(主催:東アジア作曲家協会韓国支部)


■11月1日(木)19:30~
「韓中日・創作管弦楽の夕べ」
韓国4作品/日本1作品/中国1作品
編成:26人以内
Flute 1, Oboe 1, Clarinet 1, Bassoon 1, Horn 2, Trumpet 1, Trombone 1,
Percussion 2 person(Timpani 3~4, Cymbals 1, Sus-cym 1, snare 1, Bass-drum 1)
Strings(6-4-3-2-1)

■11月2日(金)19:30~
「韓中日・創作室内楽の夕べ」
韓国5作品/日本1作品/中国1作品
編成:デュオまたはトリオ(以下の楽器以内で)
2 Violins, 1 Viola, 1 Cello, 1 Contrabass, 1 Piano, 1 Flute, 1 Clarinet

管弦楽、室内楽ともにスコアとパート譜を送ること。
※PDFファイルでOKだと思います (二宮)
韓国支部楽譜送付締切:2012年9月14日(金)

以上

 「第6回東アジア国際現代音楽祭・国際作曲コンクールin上海」に関するお知らせ


皆様、新年度が始まりご活躍のことと存じます。
早速ですが、「第6回東アジア国際現代音楽祭・国際作曲コンクールin上海」につい てお知らせいたします。

このほど、東アジア作曲家協会会長の楊立青先生から、日程的・財政的・政治的に上海での音楽祭開催は無理だとの連絡があり、
中村透会長、田村洋彦前会長の決断として、今のところ、やむを得ないが、本協会はこの提案を受け入れる といたしました。

どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。

2012年4月18日
九州・沖縄作曲家協会
事務局長 衛藤恵子

 【出版情報】田村 徹/歌曲 柳川風俗詩より


田村 徹 会員(理事)作曲の「歌曲 柳川風俗詩より」がこのほど出版されました。
北原白秋の「柳川風俗詩」より次の4編が選ばれています。
1.ふるさと 2.あひびき 3.旅役者 4.牡丹

巻頭には、音楽評論家 上野 晃氏の「田村 徹の歴程」が寄せられています。
文教大学HPに紹介記事が掲載されています。
http://www.bunkyo.ac.jp/book/2007/0711.htm

作品名:歌曲 柳川風俗詩より ISBN978-4-904035-00-9
作曲者:田村 徹
発行所:文教大学出版事業部
定 価:800円(税別)

 第4回 東アジア国際現代音楽祭 in 韓国 招待作品決定


5月下旬に韓国・大邱市で開催される同音楽祭の日本からの招待作品が次のように決定しました。
芸術歌曲3作品、室内楽2作品、管弦楽曲1作品、計6作品です。
また、既にお伝えしました通り、作曲コンクールに日本から1名がノミネートされています。

a)コンサートI「東アジア芸術歌曲の夕べ」

日 時:5月28日(水)19:30~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター(室内楽ホール)
曲 目:衛藤 恵子/「薔薇の死」「木だかき紅葉のかげに」 メゾソプラノとピアノのための
廣木 良行/遣新羅使人の歌
松岡 俊克/バリトンとピアノのための挽歌

b)コンサートII「第4回東アジア国際作曲コンクール最終選考会」

日 時:5月29日(木)15:00~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター(室内楽ホール)

Byung-Ok Jung(韓国):Thesaurus
Soo-yon Chung(韓国):Rhapsody for Piano
Min-hee Kim(韓国):’Balance’ for Piano solo
Liang Nan(中国):Two pieces of works searching for the soul
Gan Yun Zhuo(中国):An illusion for piano solo
宮内 綾子(日本):暗闇と光

c)コンサートIII 「室内楽の夕べ」

日 時:5月29日(木)19:30~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター(室内楽ホール)
曲 目:近藤 春恵/Frottage for Violin, Violoncello and Pianoforte
久保 禎 /ピアノ三重奏曲「光雫(ひかりのしずく)」

d) シンポジウム「現代オペラの展望と探求」(仮題)

日 時:5月30日(金)15:00~
会 場:啓明大学講堂

e) コンサートIV「韓国・日本・中国の傑作オーケストラの夕べ」

日 時:5月30日(金)19:30~
会 場:大邱芸術文化センター(コンサートホール)
曲 目:二宮 毅 /西方より神々は光の海道を渡る

 第4回 東アジア国際作曲コンクール ファイナリスト決定


同コンクール第一次審査の結果がこのほど発表され、次の6名が最終選考会に臨むこととなりました。
最終選考会は、「第4回東アジア国際現代音楽祭 in Korea」のコンサートIIとして開催されます。

コンサートII「第4回東アジア国際作曲コンクー ル最終選考会」
日 時:5月29日(木)15:00
会 場:啓明大学 啓明芸術センター・室内楽ホール(韓国・大邱市)

Byung-Ok Jung(韓国):Thesaurus
Soo-yon Chung(韓国):Rhapsody for Piano
Min-hee Kim(韓国):’Balance’ for Piano solo
Liang Nan(中国):Two pieces of works searching for the soul
Gan Yun Zhuo(中国):An illusion for piano solo
宮内 綾子(日本):暗闇と光

 九州・沖縄作曲家協会新役員・新入会員紹介


この度の改選で次の方々が役員に選出され、「春の総会」で承認されました。
また、新入会員1名が承認されました。

【役 員】
会長    田村 洋彦
副会長    中村 透
事務局長  衛藤 恵子
理事    中村 滋延(福岡) 橋本 正昭(佐賀)  出田 敬三(熊本) 小畑 郁男(長崎)
河野 敦朗(大分) 吉野 紀子(宮崎) 久保 禎(鹿児島) 近藤 春恵(沖縄)
田村 徹(九州以外) 板本 勝百(九州以外)
二宮 毅(国際交流担当理事)
原田 大志(スプリングコンサート担当理事)
委員    深渡瀬 丈裕(スプリングコンサート担当委員)
会計    武田 真弓
会計監査  東 大円 西林 博子

【新入会員】
国枝 春恵(熊本)

 「30年史冊子」資料提供のお願い


事務局では、創立30周年に向けて、記念誌刊行の準備に取り掛かっております。
つきましては、会員各位に関係資料の提供をお願い致します。
協会ならびに主催事業等に関する資料、会員に関する懐かしい写真、
古い貴重な資料等がありましたら、記念誌制作実行委員会までお送りくださいますようお願い申し上げます。

<対象>
「九州・沖縄作曲家協会」「総会」「九州現代音楽祭」
「スプリングコンサート」「東アジア国際現代音楽祭」「嶺南国際現代音楽祭」など

<提供希望資料>
◇写真(コンサート風景、集合写真、懐かしいスナップ等)
◇新聞記事
◇演奏会批評

※資料は、画像データでお送りくださると助かります。

<連絡・送付先>
記念誌制作実行委員会 中村 滋延 会員

 第4回東アジア国際作曲コンクール 作品募集


募集作品:ピアノ独奏曲(15分以内)
応募締切:2008年3月28日(金)必着
問合せ先:【Korea】 Prof. Lee Seung-Sun 053)580-6551、010-9750-5343
【China】Prof.Yin Ming-Wu 021)6437-5331、091-230-9856
【Japan】Prof.Toru Nakamura 098)895-8369、098)951-1671
↓画像クリックで拡大(東アジア国際作曲コンクール募集要項)
東アジア国際作曲募集要項

 第14回「釈尊を讃えて」 仏教伝道協会設立43周年記念 音楽作品募集


募集作品:「ささえあって」を主題とする新曲(4分程度)
応募締切:2008年8月29日(金)必着
問合せ先:財団法人 仏教伝道協会内 仏教伝道協会音楽普及委員会
TEL:03(3455)5851(代表)
↓画像クリックで拡大(仏教伝道協会募集要項)
募集要項

 THE SPRING CONCERT 2008~現代九州・音の創造空間~


日 時:2008年3月15日(土)19:00開演
会 場:あいれふホール(福岡市)
主 催:九州・沖縄作曲家協会
<詳細はこちらをクリック>

 九州・沖縄作曲家協会「春の総会」

日 時:2008年3月16日(日)10:00開会
会 場:ヤマハ・ピアノプラザ会議室(博多駅前)

 「eX – expression experiment exhibition」開催

eXは、expression(表現)、experiment(実験)、exhibition(展示)という3つのキーワードを軸とした音楽的展示イベントです。
SN-LAB(九州大学大学院 芸術工学研究院音響部門 中村滋延研究室)の卒業/修了研究を中心に、
普段は目に見えない「音」を「カタチ」にしてお届けします。

日 時:2008年2月11日(月)15:00 – 20:00
会 場:九州大学USI 大橋サテライト ルネット
入場料:無料
主 催:九州大学大学院 芸術工学研究院音響部門 中村滋延研究室
問い合わせ:092-554-3875(LUNETTE)
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~snlab/eX/

 伊奈 新祐 編『メディアアートの世界--実験映像1960-2007』出版

中村 滋延会員が「聴覚と視覚の統合:映像音響詩の作曲技法」と題して一章を担当執筆しています。
書籍名:『メディアアートの世界--実験映像1960-2007』
編集者:伊奈 新祐
出版社:国書刊行会定価2,310円(税込)
ISBNコード:978-4-336-04989-6
http://webshop.ncm.jp/cgi-bin/kokusho/shop.cgi?button=detail&page=978-4-336-04989-6

 東アジア国際現代音楽祭2008 in 韓国/第4回東アジア国際作曲コンクール 

日 時:2008年5月28日(水)~5月30日(金)
会 場:啓明大学 啓明芸術センター・室内楽ホール/大邸芸術文化センター・コンサートホール
主 催::東アジア作曲家協会

a)コンサートI「東アジア芸術歌曲の夕べ」
日 時:5月28日(水)19:30~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター・室内楽ホール

b) コンサートII「第4回東アジア国際作曲コンクール最終選考会」
日 時:5月29日(木)15:00~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター・室内楽ホール

c)コンサートIII 「室内楽の夕べ」
日 時:5月29日(木)19:30~
会 場:啓明大学 啓明芸術センター・室内楽ホール

d) シンポジウム「現代オペラの展望と探求」(仮題)
日 時:5月30日(金)15:00~
会 場:啓明大学講堂

e) コンサートIV「韓国・日本・中国の傑作オーケストラの夕べ」
日 時:5月30日(金)19:30~
会 場:大邸芸術文化センター・コンサートホール

 日韓創作歌曲交流演奏会 ~韓国現代詩人・申一熙の世界~ 

日本創作歌曲研究会主催、(財)福岡市文化芸術振興財団助成事業の国際交流演奏会。
今回は、「韓国現代詩人・申一熙の世界」と銘打たれ、
氏の詩をテキストに日韓14人の作曲家と3人の学生が創った新作歌曲が初演されます。
詩人の申氏はドイツ文学博士で現在、韓国・啓明大学理事長。
本協会からは、二宮毅、齊藤武、久保禎、東大円、深渡瀬丈裕 各会員が出品。
韓国からも申一熙氏をはじめ作曲家、演奏家の方々が来日されます。

日 時:2007年12月15日(土)19:00~
会 場:あいれふホール(福岡市)
主 催:日本創作歌曲研究会
後 援:(財)福岡市文化芸術振興振興財団、福岡市

 「第28回九州現代音楽祭」批評記事掲載

掲載誌:『音楽現代』2007年12月号(芸術現代社)
http://takumishop.jp/shop/item.cgi?itemid=1603
掲載欄:Criticize a Concert演奏会評
批評者:石田 一志氏(音楽評論家、くらしき作陽大学音楽学部長)

 福岡県・江蘇省友好提携15周年記念特別講演会「南京の歴史にあらわれた古琴」

日 時:2007年12月18日 18:00~20:30
会 場:アクロス福岡7階大会議室 (入場無料・要申し込み)

内 容:第1部 講演「南京の歴史にあらわれた古琴」
劉承華(南京音楽学院副院長)

第2部 対談:劉承華(南京音楽学院副院長・音楽学)
矢向正人(九州大学大学院准教授・音楽学)
司会:中村滋延(九州大学大学院教授・作曲)

申込先:815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
九州大学大学院芸術工学研究院音響部門 栗原研究室「劉承華特別講演会」係

主 催:福岡県、(財)アクロス福岡、(財)福岡国際交流センター
共 催:九州大学大学院芸術工学研究院
後 援:九州・沖縄作曲家協会

 特別セミナー「コンテンツデザインのための現代音楽の可能性(作曲家ジーグムンド・クラウゼとその世界)」

日 時:2007年12月4日(火)18:30 – 21:00
会 場:九州大学大橋キャンパス音響特殊棟スタジオ(入場無料)

講 師:ジークムンド・クラウゼ(作曲家・ピアニスト、国際現代音楽協会前会長)
対 談:ジークムンド・クラウゼ、石田一志(音楽評論家、くらしき作陽大学音楽学部長)
通 訳:栗原詩子(九州大学大学院助教・音楽学)
司 会:中村滋延(九州大学大学院教授・作曲)

主 催:九州大学大学院先導的デジタルコンテンツ創成支援ユニット
後援協力:九州・沖縄作曲家協会

 会員の皆様へ

東アジア作曲家協会(EACA)韓国支部から,下記のメールがきています。
歌曲を2曲、ピアノのソロ2曲を提供してくれとのこと。
演奏会は10月11日大邸で。宿泊と旅費は出すようです。
急いでいるようなので、とりあえず曲名、作曲家写真、プロフィールをメールで早急に送ってくれとのことです。
直接下記へ送って下さってもかまいません。そのときは中村透副会長まで事後連連絡願います。

e-mail:weinberg02@hanmail.net(Il Whan Kim・韓国支部担当会員)

Hi, professor Nakamura!
How have You been?
Did Yoy read the mail about our concert, in 11th. Oct. ?
I asked you to send me three pieces, two art songs and one piano solo piece.
Now our comminity of EACA changed the number of piece as follow.
Please send two art song and two solo pieces.
If the comporsers will come to concert in daegu, Korea, we will serve room and board only.
If you are not ready to send pieces and documents, please send me the titles, composers profile and pictures
by e-mail as soon as posible. Thank you.
Your sincierly Il Whan Kim
Ps: I made phone call to you today, You not answer..

 「スプリングコンサート2007 現代九州・音の創造空間」批評記事掲載

掲載誌:『音楽現代』2007年6月号(芸術現代社)
http://takumishop.jp/shop/item.cgi?itemid=1555
掲載欄:Criticize a Concert演奏会評
批評者:栗原 詩子氏(音楽学者・九州大学芸術工学院助手)

 「福島雄次郎メモリアルコンサート」批評記事掲載

掲載誌:『音楽現代』2007年5月号(芸術現代社)
http://takumishop.jp/shop/item.cgi?itemid=1406
掲載欄:Criticize a Concert演奏会評
批評者:久保 禎会員

 「《うた・母・ふるさと》福島 雄次郎メモリアル・コンサート」のご案内

  一昨年1月の福島雄次郎元会員ご逝去から早二年が経ちましたが、九州はもとより
日本の音楽文化の発展に大きな足跡を残された先生のご偉業とご功績を讃えまして、
「《うた・母・ふるさと》福島雄次郎メモリアル・コンサート」を下記の通り開催する運びとなりました。
この演奏会は生前、氏が選曲・構成された企画に基づいており、
演奏者選定もご自身が遺されたプランに拠っております。
今回選ばれた作品は、氏の代表作であるばかりでなく、自らこよなく愛し続けてこられた、まさに自叙伝的な作品群でもあります。
ご多忙なこととは存じますが、是非ご来場賜りますようご案内申し上げます。
また、お知り合いの方々にもお知らせ頂ければ幸いに存じます。

   《うた・母・ふるさと》福島 雄次郎メモリアル・コンサート
   日 時:平成19年3月10日(土)19:00開演
会 場:宝山ホール(鹿児島県文化センター)http://www.houzanhall.com
入場料:全自由席 前売券 2,500円 当日券 3,000円
主 催:福島雄次郎メモリアル・コンサート実行委員会(連絡先099-229-4132 田中)
  
<詳細はこちらをクリック>

 「第30回九州・沖縄現代音楽祭/第4回東アジア国際現代音楽祭 同時開催」に関する素案

   開催準備ワーキング・グループ(座長 中村 滋延会員)より経過報告の掲載依頼がありました。
現段階での構想概要が示されておりますので、ご意見・ご感想・ご提言等がありましたら、
原田大志会員までメールにてお寄せください。
<詳細はこちらをクリック>

 THE SPRING CONCERT 2007 ~現代九州・音の創造空間~
  本協会主催演奏会、開催日時・会場・曲目決定


日時:2007年3月17日(土)19:00開演
会場:あいれふホール(福岡市)
主催:九州・沖縄作曲家協会
<詳細はこちらをクリック>
 故・福島雄次郎会員
  「福島雄次郎メモリアルコンサート」が東京と鹿児島で開催 


<鹿児島>
日時:2007年3月10日(土)19:00開演
会場:宝山ホール(鹿児島県文化センター)
出演:藤原道山(尺八)、寺島陸也(ピアノ)、梶ヶ野亜生(箏)、
関定子(ソプラノ)、中山しのぶ(ヴァイオリン)、鹿児島女子高等学校音楽部(女声合唱)
料金:2500円(当日券3000円)
主催:福島雄次郎メモリアルコンサート実行委員会(099-229-4132/田中)

<東京>
日時:2007年3月16日(金)19:00開演
会場:ルーテル市ヶ谷センターホール
出演:奥平八重子(ピアノ)、相川 マチ(ソプラノ)、米澤 浩(尺八)
熊沢栄利子(箏)、中山しのぶ(ヴァイオリン)、榊原 哲(テノール)ほか
料金:3000円(当日券3500円)
主催:福島雄次郎メモリアル・コンサート実行委員会(048-925-3712鈴木)

 「第27回九州現代音楽祭」批評記事掲載
掲載誌:『音楽現代』2007年1月号(芸術現代社)
http://takumishop.jp/shop/item.cgi?itemid=1236
掲載欄:コンサート・クリティーク演奏会評
批評者:栗原 詩子氏(音楽学者・九州大学芸術工学院助手)
 中村 滋延、山口 淳 各会員
  電子音響音楽フェスティバル「Audio Art Circus 2006」にて作品発表
http://aac06.sblo.jp/category/122303.html  


日時:2006年12月1日(金)、2日(水)
会場:大阪芸術大学 芸術情報センター 実験ドーム
作品:中村 滋延/曼荼羅幻想&ナーガ変奏曲
山口 淳/ラ・フォリア~映像と音響のための
主催:大阪芸術大学音楽学科
 東アジア現代音樂祭2006
  中村 透、久保 禎、東 大円、二宮 毅 各会員作品が上演  


日時:2006年11月30日(木)、12月1日(金)
会場:大邱文化芸術会館大劇場、小劇場(韓国・大邱市)
作品:中村 透/《沖縄民謡集》より
久保 禎/『夢・うつつ 四首』より《夢路には》《夢とこそ》
東 大円/陽炎-ピアノのための-
二宮 毅/歌曲《蜩》《風の在処》《裏路》
主催:東アジア作曲家協会(EACA)韓国支部
 中村 滋延会員
 「ピアノトリオの夕べ」にて作品発表


日時:2006年11月22日(水)19:00~
会場:九州キリスト教会館(福岡市)
作品:中村 滋延/ピアノ三重奏曲 ターニング・ポインツ
主催:コルダプランニング
 秋山まゆみ、久保 禎、齊藤 武、東 大円、二宮 毅 各会員
 「日韓創作歌曲交流演奏会」にて作品発表


日時:2006年11月18日(土)19:00~
会場:あいれふホール(福岡市)
作品:齊藤 武/「勾玉は」「嫁ぐ日がきた」「かむあがたか」
久保 禎/『秋の歌』より「雨隠り」「雨晴れて」
秋山まゆみ/「夢のある暮らし」「かくれんぼ」
東 大円/「あきのひ」「はなひらく」
二宮 毅/「秋・寸景」「裏路」
主催:日本創作歌曲研究会
 東アジア作曲家協会韓国支部からのお知らせ 
 「EACA音楽祭」参加作品募集


東アジア作曲家協会韓国支部から「EACA音楽祭」の案内が届いております
出品希望の会員は、衛藤事務局長までご連絡ください。
なお、問い合わせにつきましては、中村 透副会長までご連絡ください。

日時:2006年11月30日、12月1日
会場:韓国・テグ市
募集:歌曲3作品、器楽曲(Vn,Vl,Vc,Cl, pf内の編成)1作品
所要時間:10分以内
提出締切:9月30日(下記送付先必着)
送付物:楽譜のコピー4部、作曲者略歴、顔写真、メールアドレス
送付先:Prof. Lee Seongsun
Composition Department. Music school, Keimyung University
Nam-Gu, Daemyoug-Dong, Daegu-city, Korea.

 中村滋延会員
 「オーケストラ・プロジェクト2006-武満徹に捧ぐ-」にて作品発表


日時:2006年10月12日19:00~
会場:東京芸術劇場大ホール
作品:中村滋延/ラーマヤナー 愛と死(交響曲第4番)(世界初演)
演奏:小鍛治邦隆指揮、東京交響楽団
主催:オーケストラ・プロジェクトhttp://www.orch-proj.org/

中村滋延会員のHPアドレス
個人 http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~sn/
大学http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~snlab/

 秋山まゆみ、齊藤 武、東 大円、二宮 毅各会員
 「第15回 韓・日創作歌曲交流演奏會」にて作品発表


日時:2006年9月20日19:00~
会場:ウーボン・アートホール/韓国・大邱市
作品:齊藤 武/かむあがたか、秋山まゆみ/夢のある暮らし
東 大円/「あきのひ」「はなひらく」、二宮 毅/「雷鳴」「秋・寸景」
主催:韓國創作歌曲會